「企業出資に関しての問い合わせについて」




この度、当方が発行致しました同人誌に関しましてお問い合わせいただきましたので、お答えさせて頂きます。


まずはじめに「2013年に当方が図書印刷様を利用し発行した進撃の巨人の同人誌がまんだらけ様による企業出資の本ではないか」という問い合わせをいただいておりますが、この本はまんだらけ様にはあくまで委託として取り扱って頂いており、印刷代・送料などはすべて私個人が負担した同人誌となっております。この点に関して偽りはございませんのでご理解頂けますと幸いです。

次に「図書印刷様は個人の依頼を請け負わないのではないか」という点についてですが、私が図書印刷様を利用した経緯につきまして、流れを記載させて頂きます。

まず始めに件の本を発行するに至ったきっかけですが、まんだらけ様の方から書籍化と委託のお誘いを頂いたことがはじまりになります。この際、委託に関して「予約期間を設けおおよその印刷部数を確定してからの発注が可能になる」とお話をもらった為、委託をお願いさせて頂く運びとなりました。

その後、印刷に際し元々がWEB公開の作品であり画像の解像度が低い為フルカラーでの印刷が望ましいだろうということ(結局のところ絵は元の解像度では印刷に耐えられそうになかった為、すべて書き直しをして原稿を入稿をさせていただいております)、ページ数が100に近くなること、発行部数が10000を越える点から、まんだらけ様より図書印刷様をご紹介頂きました。

以上が私が図書印刷様を利用させて頂いた経緯となります。

以下の点に関しては私が今年の4月に入りこの騒動を遅ればせながら知り、まんだらけ様に問い合わせしたものになりますが、まんだらけ様では委託と合わせて書籍化のお誘いをする際「作品内容や希望装丁によっては印刷所様の紹介(図書印刷様に限らず)提案をしている」との事です。
今回の件で図書印刷様を紹介いただいた事については「商業メインの図書印刷を使用した事が問題なのではという流れもあるが、まんだらけとしてはそこは問題だと捉えておらず、同人誌印刷会社様・商業印刷会社様という区分ではなく全て等しくの印刷会社様として見ている。また、この見解は担当していただいた図書印刷の方も同じ。」との回答をいただきました。

図書印刷様を利用させていただいた事に関してはまんだらけ様からのご紹介ではありましたが、最初に記しましたように印刷代や印刷所から委託先への配送代などの費用はすべて私個人が負担しております。
今後もし、公的な機関により今回の件に関する発注書や領収書などの提示を求められ、自己出資である旨を証明するよう求められた際は速やかに応じる心づもりです。

誓って企業側から出資してもらったという事実はありません。

しかしながら、今回私が同人誌の発行に商業印刷会社様を利用した事により企業出資の疑惑が生まれ、不快感や不信感、不安を与えてしまう結果となってしまいました。図書印刷様についても知識がなく、提示して頂いた所とはいえ同人活動において商業印刷会社様を軽率に利用てしまった事、大変申し訳なく思っております。
他社における企業発行同人誌についても詳しく聞き及んでおらず、今回の件に関して公表の必要性に対する責任感が希薄であった事、深く反省しております。

自身の認識の甘さ故の事態に深くお詫び申し上げ、今後の活動につきまして、参加を予定しておりましたスパコミの参加を中止し、その後もオフライン活動を中止致します。それに伴い、委託品の撤去と通販の停止をまんだらけ様に申請致しました。



ここまで目を通して頂きありがとうございました。
拙い文章で申し訳ありませんが回答と謝罪の言葉とさせて頂きます。


2014.4.23
2014.4.24追記

最々瀬
- mono space -